体に負担がかかると薄毛になる

これは私の友人の話なんですが、学生時代には髪がフサフサだったのが社会人になってからどんどん毛が抜けて薄毛になってしまった人がいます。
彼に話を聞いてみると、まだ若いにもかかわらず色々な育毛剤を試しているのに、全然効果を感じられないようでした。
実際に育毛剤と聞くと効果がありそうな印象があるけど効果がないみたいですね。
そこで「薄毛を改善したいならしっかり知識をつけないと」、とアドバイスしようにも私も薄毛については詳しくなかったので、彼の手助けになるように調べてみました。

気付いたのは、薄毛になりやすい人の傾向と彼の生活習慣が一致していたことです。
残業が多く寝不足で、家に帰ったら疲れて料理をする気が起きないから弁当や店屋物だけで・・・と言う不規則な生活はまさに頭皮にダメージを与えるものでした。
仕事のストレスで疲れ切った体では、髪が抜け落ちたり薄くなったりするのも無理はないと思います。
彼は今はもう転職して体調が落ち着いていますが、髪はまだ薄いままなので学生時代のようなふさふさな姿に戻るにはまだ時間がかかりそうです、
仕事は生きていくうえで大切なことですが、「薄毛にならないためには体や髪に負担がかかるようなことは避けた方が良い」と強く感じました。