うつ病に関する専門の本

うつ病の事を詳しく知る意味でも専門の本を読む事は重要と言えるでしょう!

私が実際に読んだ本の中で「暴走するクスリ? 抗うつ剤と善意の陰謀」という本があります。
この本の概要を説明していきますね!

安定剤あるいは抗うつ薬のような精神に働く薬の損害、およびそれが生じる理由に関して書かれた本ですが、薬害および薬害が生じる原因を考慮することにおいて、この本は不可欠と思います。

現在の日本はというと、この本に書かれた方向に向かい真っ直ぐに向かっているようです。

私達が日本の医学に関する運動に関して、それを感じアピールしてきたことが、非常に説得力のある分析および言語で明瞭に書かれています。

原著の筆頭著者にあたるチャールズ・メダワー氏についてですが、イギリスにてソーシャル・オーディットという名前のNPO組織を始めました。
また、その組織の代表として医療用品あるいは医療用品管理を監視を行うといった活動を何年もされてきた方です。

彼は2004年11月に4番目の医学警戒セミナーの特別ゲストとして日本を訪れました。
また、それは、調合薬産業あるいは医療用品規則の問題に関して分かりやすく、パキシル(一般名パロキセチン)の損害の問題に注目する真実でいっぱいの講義を実行しました。

この方の著書となるので、この本を是非読んでみて下さいね!


うつ病の治療法に効果的な「パキシル」抗うつ薬にもたらされる副作用の実態