うつ病に効くとされる抗うつ剤

うつ病って、結構身近に起こる病気のようです。

パニック障害の2つの主な治療薬であるペンゾジアゼピン系統の抗不安薬および中に抗うつ剤の影響および副作用について今回話します。

抗うつ剤というものは、その名前からも分かるように、元々はうつ病あるいはうつ状態における治療薬とされています。

これがパニック発作に有効であることが判明することは、1962年にクラインらによる偶然に見つかったものですが、結局のところは彼らの研究というのが、後になってパニック障害と呼ばれる疾病概念が生まれてしまうといった端緒となってしまったようです。

その時期に使用されたとされる、抗うつ剤というのが、イミプラミンだったそうです。
これに関しては、うつ病またはパニック障害の治療というものに、活発に使用されているようです。

イミプラミンが属する抗うつ薬の仲間には、環系抗うつ薬と呼ばれますが、これに加えて、抗うつ剤の仲間は、すぐに市場に出た四環系抗うつ薬、最近ではSSRIなどが有名ですね。

三環系抗うつ薬の有効性はパニック障害によって確認されます。
また、日本でパニック障害の内科療法に現在使用されたほとんどの抗うつ薬が、三環系抗うつ薬であるので、私はこれを覚えておくことが宜しいと思います。


抗うつ薬にもたらされる副作用の実態